2017_03
27
(Mon)21:13

3/19 十二神祇神楽大会・伊勢神社神楽団

今日は昼間に雹が降ってきてびっくり!
一気に冬へ逆戻りな気温でしたね。

こんばんは、みつです(*‘ω‘ *)

下を向くんじゃねぇぇぇぇぇ!!バレーは常に上を向いてやるスポーツだ!!

キャ━━━━━━(#゚∀゚#)━━━━━━ !!!!
ハイキューをご存知の方ならもうこのフレーズ聞いただけで涙もんじゃないでしょうか!
ヤバスヤバス。
安西先生に次ぐ名言きました。
ありがとうございます。
この決勝の回ヤバい。


そんなこんなで、今日も十二神祇神楽大会から。
伊勢神社神楽団さんの「二刀」です。
お付き合いください。


伊勢神社神楽団

伊勢神社神楽団

伊勢神社神楽団

伊勢神社神楽団

伊勢神社神楽団

伊勢神社神楽団

伊勢神社神楽団

伊勢神社神楽団

伊勢神社神楽団
前転!

伊勢神社神楽団



お疲れさまでした。
写真の使用許可、ありがとうございました♪


もうなんていうか、この方の舞が凄かった。
伊勢神社神楽団さん、凄いです。

二刀も同じく、五郎王子が刀の稽古をしている。
という演舞なのですが、もうなんていうか、本当に良かったです。

伊勢神社神楽団さんは、それこそ奉納の時の年に一回しか見られないようなとこなんですが、こうやって拝見することができて本当嬉しかったです。
毎年10月第2土曜日に、廿日市市原にあります、伊勢神社にて、夕方5時頃から奉納が開始されます。
最後に舞われる「将軍舞」というのが貴重な舞で、受け継がれているのが数団体しかいないそう。
ご興味のある方は是非見に行かれてみてはいかがでしょうか(´∀`*)
ウチも今年は見に行くつもりです(`・ω・´)

それでは、お付き合いありがとうございました(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
スポンサーサイト
2017_03
25
(Sat)22:12

3/19 十二神祇神楽大会・上矢口郷土芸能保存会

なんでこんなに寒いんだ~!

こんばんは、みつです(´∀`*)

花冷えが続きますが、早く春本番・春爛漫にならないかな~(´・ω・)

さて、十二神祇神楽大会の写真続けます。

今回で、第3回目というこの大会。
12団体が参加されていたようですが、どこも気になる!

プログラムを↓↓

猿田彦    浅原神楽団
お神楽    松ヶ原神楽団
岩戸開き   金山神楽保存会
柴鬼神    河津原神楽団
旗舞     小河原火舞保存会
天の岩戸   阿刀神楽団
つり舞    石内神楽団
関      五日市芸能保存会
弓舞     上矢口郷土芸能保存会
二刀     伊勢神社神楽団
天の岩戸   上沼田神楽保存会
四刀     坂原神楽団

というね。いいなぁ。
旗舞見て見たかった・・・


そんなこんなで、上矢口郷土芸能保存会さんの「弓舞」を。


上矢口郷土芸能保存会
自分の身長よりもはるかに長い弓を使い舞われていました。

上矢口郷土芸能保存会

上矢口郷土芸能保存会

上矢口郷土芸能保存会
弓に糸を張るところを取り損ねました・・・

上矢口郷土芸能保存会

上矢口郷土芸能保存会
弓と紐の間を飛び越える。


お疲れさまでした。
なんだかんだと、上手く撮れませんでした(^ω^;)すみません。
写真の使用許可、ありがとうございました。


この演目も、稽古をしている。というところ。
「4人の王子が東西南北にそれぞれの領地を支配し、平穏に暮らしていました。
 ある日突然、王が亡くなりました。
 その時、王の妃のお腹の中には5人目の王子が。
 やがて生まれた王子は、中央五郎といい、成人になった折、自分には領地が無い。
 と、兄王に領地分けを申し入れるも話し合いがつかず、戦いによって決着をつけることに。
 そのため、中央五郎は武芸の稽古に励む。」
というお話。

やはり、稽古や修練。といった演舞。
かわいらしい女の子が、キリッと舞う。
とてもかっこよかったです(´∀`*)

お付き合いありがとうございました♪

お次は、伊勢神社神楽団さんの「二刀」です。
またお付き合いください(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

2017_03
24
(Fri)22:19

3/19 十二神祇神楽大会・石内神楽団

春分の日も過ぎ、馬酔木の香りも漂う中、またしても冷え込んだりしましたが、体調等崩されてませんでしょうか。

こんばんは、みつです(´∀`*)

気が付くと、終業式!!
短いけど長い春休みが始まりましたね~。
お昼ご飯に悩む日々が始まります。

さてさて先日19日は、第3回十二神祇神楽大会へお昼からですが行ってまいりました(´∀`*)

独特の舞や調子の十二神祇。
安芸十二神祇とあるだけあって、広島西部・山口東部地方に濃く残っている神楽なのですが、中々知られていなかったりします。
石見神楽や、高田系八調子、山県系旧舞などのような派手さや迫力はないのですが、神舞ともある十二神祇は儀式に近いものであったりして、儀式舞が好きな方はハマるはず!
奏楽も一辺倒な調子が心地良い。
飛び跳ねるような独特の舞も、なんとなく滑稽に舞う鬼さんたちも、全てがイイ♪
まだ見られたことのない方にも、機会あらばぜひ見ていただきたいです(´∀`*)


さて、そんな十二神祇。
会場に着いたら、石内神楽団さんの「つり舞」が始まっていました。
途中からとゆうのもあり、あまり撮れていませんが、載せていきます。
お付き合い、よろしくお願いします。


石内神楽団・つり舞

石内神楽団

石内神楽団

石内神楽団

石内神楽団

石内神楽団

石内神楽団

石内神楽団
前転!

石内神楽団

石内神楽団



お疲れさまでした♪
写真の使用許可、ありがとうございました。


十二神祇の演目には、五郎の王子に関わる演目が多いのかな?と思って見ておるのです。
この演目は、説明文によると

「4人の王子の内、一人が欠けた場合の戦法を練る武芸修行の舞」

だそう。
武芸の修練、戦法、稽古。
いざ実戦!というわけではなく、剣や弓などの武術鍛錬。
それがまた見ごたえがあり、面白くもあります(´∀`*)

さて、お次は上矢口郷土芸能保存会さんの「弓舞」
またお付き合いください(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!