2017_03
25
(Sat)22:12

3/19 十二神祇神楽大会・上矢口郷土芸能保存会

なんでこんなに寒いんだ~!

こんばんは、みつです(´∀`*)

花冷えが続きますが、早く春本番・春爛漫にならないかな~(´・ω・)

さて、十二神祇神楽大会の写真続けます。

今回で、第3回目というこの大会。
12団体が参加されていたようですが、どこも気になる!

プログラムを↓↓

猿田彦    浅原神楽団
お神楽    松ヶ原神楽団
岩戸開き   金山神楽保存会
柴鬼神    河津原神楽団
旗舞     小河原火舞保存会
天の岩戸   阿刀神楽団
つり舞    石内神楽団
関      五日市芸能保存会
弓舞     上矢口郷土芸能保存会
二刀     伊勢神社神楽団
天の岩戸   上沼田神楽保存会
四刀     坂原神楽団

というね。いいなぁ。
旗舞見て見たかった・・・


そんなこんなで、上矢口郷土芸能保存会さんの「弓舞」を。


上矢口郷土芸能保存会
自分の身長よりもはるかに長い弓を使い舞われていました。

上矢口郷土芸能保存会

上矢口郷土芸能保存会

上矢口郷土芸能保存会
弓に糸を張るところを取り損ねました・・・

上矢口郷土芸能保存会

上矢口郷土芸能保存会
弓と紐の間を飛び越える。


お疲れさまでした。
なんだかんだと、上手く撮れませんでした(^ω^;)すみません。
写真の使用許可、ありがとうございました。


この演目も、稽古をしている。というところ。
「4人の王子が東西南北にそれぞれの領地を支配し、平穏に暮らしていました。
 ある日突然、王が亡くなりました。
 その時、王の妃のお腹の中には5人目の王子が。
 やがて生まれた王子は、中央五郎といい、成人になった折、自分には領地が無い。
 と、兄王に領地分けを申し入れるも話し合いがつかず、戦いによって決着をつけることに。
 そのため、中央五郎は武芸の稽古に励む。」
というお話。

やはり、稽古や修練。といった演舞。
かわいらしい女の子が、キリッと舞う。
とてもかっこよかったです(´∀`*)

お付き合いありがとうございました♪

お次は、伊勢神社神楽団さんの「二刀」です。
またお付き合いください(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。